FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【防災】大事なペットの防災について

おひさしぶりです。
たらふくです。

9月は防災月間ということで
9月に入ってから
あちこちで防災訓練が行われていますね。
最近、大雨などによる災害も多いため
みなさんの防災意識も高まっているのでは
ないでしょうか。

たらふくも本日は防災について
少し書かせていただきます。

私は生まれてこのかた
大きな災害にあったことがありません。
なので
大きな災害が起こったときに
どんな行動をとればいいのか
正直、まったく予想がつかないんです。

南海トラフの事が
テレビで特集されていると
気になって見るのですが
津波の映像を見ると
あまりの恐ろしさに
こんなのが実際に起こったら
どうすればいいの??
それ以上考えることができず
思考がストップしてしまいます。
実際に起こった時、どう行動すればいいかが
予想がつかなかったんです。

でもシンシアリーのスタッフが
書いてくれた阪神大震災の体験談のブログを読んで
【防災】忘れてはいけないあの日のこと。
【防災】自助、共助、公助。 これからは自助の時代です。
【防災】まんぷく震災体験記 2
大地震にあうとはこういう事なんだと
より身近に感じることができました。

実際に被害にあわれた方の体験談は
テレビの映像を見るよりもとてもリアル。
自分の身に置き換えて
イメージすることができました。
経験者の生の声って本当に貴重ですね。

やはり、いざという時のために
備えはしておかないと。
とにかくまずはそれからだわ、と
防災バッグを家族分そろえましたよ。

でも1つ問題なのが、
うちで飼っているコーギーのわんすです。

犬用の防災グッズって何を用意すればいいの?
ペットは避難する場所があるの?
ばらばらになった時はどうすれば?

とまたまた不安がいっぱい。

過去に発生した三原山大噴火や
雲仙普賢岳噴火災害では
ペットと一緒に避難はできなかったようです。

東日本大震災でも
ペットと一緒に逃げることが難しく、
津波などの犠牲になってしまいました。
一緒に行動できた場合も、
ペットの受け入れ体制がない避難所が多く、
ペット用の物資や場所、
避難者同士の理解など、
色々な問題が発生したようです。

熊本地震では
過去の事例を受けて環境省が
「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を発表し
ペットの「同行避難」が推奨されました。
ただ避難所では居心地が悪かったところもあるようです・・・

この「同行避難」ですが
避難所に着いたら人とペットは
それぞれ決められた場所で別々で避難生活を行うことになります。
「同伴避難」というのもあり、
こちらは避難所でも同じスペースで一緒に
避難生活を送ることができます。

各市区町村で対応は違うようですので
「同行避難」もしくは「同伴避難」がOKかどうか
犬猫以外のペットもOKか

などあらかじめ調べておかないといけないですね。

また、避難所で周囲に迷惑をかけないように、
ペットをコントロールできるように
しつけもしておきましょう。

あとは、はぐれた時のために
迷子札マイクロチップを事前に準備しておくと
見つかりやすいです。
マイクロチップはちょっと抵抗あるのですが
狂犬病予防注射の時にもらう
鑑札注射済票をつけておくと
札の登録番号で飼い主が分かるそうです。
これはいいですね。知らなった。
鑑札

そしてペット用防災グッズ。
いつも使っている慣れているものが
ペットにとってもいいですよね。
最低でも3日~5日分を目安に準備しておきましょう。

・ペットフード
 いつも食べているものを
・水
 犬に人間の水をあげるなんて、という声もあるそうなので
 ペット用とかかれたものを用意しておくといいかも。
・お皿
・ビニール袋
・ペットシーツ、猫砂
・においが漏れないマナー袋

・簡易ペットトイレ
 折りたたんでコンパクトになるのが便利

・常備薬
・首輪、リード
・防災用ペットキャリー
 キャスター付きや、リュックになっていたら便利かも

・ペットの情報がわかるメモ
 生年月日、健康の記録(既往歴、ワクチン接種歴)
・飼い主と一緒に写っている写真
 ペットを探す時に人に聞けるし、自分のペットであることの証明にもなります
・おもちゃなど

自分たちの防災グッズもあるので
なかなか大変な荷物です。。
こんなのいざという時にかついで
10kgあるわんすも抱えていけるの?って感じですが
でも
避難所でもわんすと安心して過ごせるように
備えておこうと思います!
そなえて安心

たらふくでした。
関連記事

◆ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ

| 防災 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。